2007年11月08日

航空安全系 このエントリーを含むはてなブックマーク

 長い長い白鯨を読み終えた。眠くなる分かりづらい文章、ストーリーよりも鯨への考察が大半を占める内容などこれはいったいどういう小説なんだろうと考えてしまう。

 まぁ、それは置いておいて、今は別の本を読んでいる。

 空の上のトラブル パイロットと管制官の危ない会話 スティーブン・カッシング、岡野正治(訳)

 この本は題名の通りでパイロットと管制官の間で交わされた会話で危険な要素について解説している。

 たとえば、聞き違い、リードバックミス、wishful hearing(聞きたいところしか耳に入らない)、速度と高度の混同、推測などの航空管制におけるコミュニケーション上のミスの具体例が分析されている。

 グライダーの訓練をしていて無線トラブルというと機械的なトラブルが多い。雑音が混ざるとかね。意思の疎通がうまくいっていなくて、それに気づかないという状況は体験したことがない。というのもただ気づいていないだけかもしれない。

 気づくかどうかが問題だよね。気づければ訂正できるけど、気づかなければそのままだ。
posted by ゆうじ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年11月03日

渋滞 このエントリーを含むはてなブックマーク

 気分転換に家の車を運転した。

 何か変だと思ったら右のフェンダーミラーの角度がおかしくなっていた。自分より後ろの対向車線しか映っていない。ちゃんと車を駐車場から動かす前に確認すべきだね。今まではルームミラーしかやってなかった。これからは注意しようと思う。


 時間帯のせいもあってか、半分くらい渋滞だったため大変だった。

 なぜ大変か。MTだから。

 渋滞の進む速度に合わせようとすると半クラばかりになってしまう。しかし、クラッチをそんなに消耗させたくない。1速アイドリングをブレーキで調整してすまそうとしても、エンストしそうになる。だから渋滞は嫌いだ。

 帰り道はすいていたので気分良く流すことができた。

 右折車線に並んでいた黒い車がウインカーも出さずに直進用車線に戻ってきたときはびっくりした。距離が十分あったから良かったけど、気付かれない可能性とか考えて欲しい。


 もう、何に対しても安全が気にかかる。

 白鯨が来週中には読み終わるだろうから、そうしたら航空機事故に関するミスコミュニケーションの本を読もうと思う。
タグ:自動車 日記
posted by ゆうじ at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月29日

スターバック このエントリーを含むはてなブックマーク

 白鯨に出てくるスターバックはあのスターバックスの由来である。

 というのをはてなキーワードで読んでいた。やっとその場面に辿り着いた。

 しかし、この場合だけしかスターバックとコーヒーの関連付けはないらしい。なのにそこからスターバックスというコーヒー屋の名前にとるとは、よほど思い入れがあるのか、適当だったのだろうか。


 白鯨もやっと400ページを超えた。連続で30ページくらい読むとどうしようもない眠気に襲われ、なかなかのスローペースで読み進めてきた。図書館へ返す期限までに読みきれなかったのではじめて貸出しの延長をしてもらった。延長してもらった期限までには終わりそうな感じなっている。


 そんな今は妻沼でのバイトに向けて高崎線にのっているところ。人身でダイヤが乱れているという情報を見て、早めに出発したがたいして乱れてなかった。
posted by ゆうじ at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月28日

エビフライ書道 このエントリーを含むはてなブックマーク

 NHKのつながるテレビ@ヒューマンのハヤミミコーナーで「エビフライ書道」というのが紹介されていた。

 なんのことはないエビフライを筆、ソースを墨、皿を半紙に見立てて書道を行うのである。

 食べ物で遊ぶなという意見もあるでしょう。私も普通の食卓でやられたらたまったもんじゃありませんが、「エビフライ書道」として割り切った場でやればありかなと。要はTPOで。



 なおエビフライ書道については以下のサイトが詳しい。
culcu-eater:気持ちを海老フライとソースで伝えるhttp://blog.livedoor.jp/hisakato930/archives/50861006.html
タグ:ネタ 芸術
posted by ゆうじ at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月19日

元ワシントン支局長 このエントリーを含むはてなブックマーク

 元ワシントン支局長。そう、NHKの元ワシントン支局長であった手嶋龍一氏が今日、我が大学にて講演していた。

 1ヶ月前ほどから掲示板にはそれを知らせる張り紙がしてあり、大変楽しみにしていた。

 手嶋氏が来たこの授業は航空宇宙に関するテーマで様々な人が毎週代わる代わる講義に来るという贅沢な授業である。そのうち、今日は手嶋龍一氏だったわけである。

 昨年度のこの授業では最後のレポート課題が「日本に航空宇宙産業がある意義を歴史、国家安全保障などの観点から論じろ」というものだった。

 今回のテーマはそれに類するもので、「航空宇宙産業と国家安全保障」ということだった。具体的にはFSXに関する話だった。

 航空宇宙産業は作っているものが飛行機、ヘリコプタ、ロケット(ミサイル)などであるため、軍事用途との関係が深い。航空宇宙産業に関わるかもしれない人間として考えないわけにはいかない。

 さて、F-1の次の支援戦闘機としてF-2があります。当初、F-2は日本独自の技術で開発するという話になっていた。日本の産業界、防衛庁の要請から純国産が望ましいと考えられていた。

 ところが、日米の経済関係、軍事関係、冷戦終結にともなう世界のパワーバランスの変化などから、アメリカとの共同開発という形に落ち着いた。

 アメリカは日本が経済的に自立し、アメリカの軍事の傘から独立し、極東のおける新たなる驚異となる予兆を感じたのだろうか。

 また、日米における議員と省庁の関係の違いが興味深かった。日本では議員が省庁に仕える感じだが、アメリカでは議員が省庁を動かす感じだという。

 さらに、歴史において重要なことほど記録に残らないという話も興味深かった。

 残念なことに研究室のゼミが重なり最後の方は話を聞くことができなかったのが惜しかった。
タグ:大学 日記
posted by ゆうじ at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

白鯨読み読み このエントリーを含むはてなブックマーク

 今、学校の行き帰りの電車で白鯨を読んでいます。

 お話としては今はイシュメイルが捕鯨船に乗って航海が始まったところです。

 翻訳文だからか、1文が長いのでお世辞にも読みやすいとは言えません。

 さらに、漢字が難しくのも読みにくさに貢献しています。

 おかげで30分くらい連続して読むと眠気に襲われます。

 そんな調子なので図書貸出し(デフォルトで2週間)を延長しないと読みきれなさそうです。
posted by ゆうじ at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月15日

白鯨 このエントリーを含むはてなブックマーク

 星新一の作品集が読み終わったので、今日からは「白鯨」を読み始めました。

 驚きは冒頭に「Whale:鯨」の語源についての説明、聖書やらその他文学、歴史書などでの鯨の描写の抜粋がある。

 読めない漢字が割と多い。結構つらい。

 本文に入っても、1分の長さが長い。それまでが星新一の読みやすい文章だったためか余計にそう思う。翻訳小説はこんな風なんだろうと納得しよう。

 1994年出版なのに全体的に古い雰囲気がある。訳者がそういう風な雰囲気を好きなのかもしれない。
タグ:
posted by ゆうじ at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月14日

読書の秋 このエントリーを含むはてなブックマーク

 「祖父・小金井良精の記」は残り30ページほどで明日学校に行くまでには読み終わってしまうことでしょう。

 これで、6月くらいから読み続けてきた星新一作品集をすべて読んだことになります。

 星新一は短編SFが多いですが、そればかりではありません。父親についてをあつかった「人民は弱し、官吏は強し」や祖父をあつかった「祖父・小金井良精の記」、「気まぐれ指数」などのSF以外の長編などもあり一人の作家の作品だけを読んでいるという感じがありませんでした。


 さて、読み終わってしまうので次は何を読もうかということになります。

 世界的に有名な名著、古典なんかが読んでみたいので、とりあえず次は「白鯨」に決めました。
タグ: 星新一
posted by ゆうじ at 22:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月13日

若さあふれる このエントリーを含むはてなブックマーク

 今日は自分の母校の高校の文化祭でした。

 高校生の頃から毎年空手部の演舞を楽しみにしていて、卒業後もこうして演舞を見に行っています。

 今回の演舞は基本の動作、型、試割の順でした。

 テコンドーと空手は全く動きが違うなぁと改めて思いました。空手は重心を上下させずに移動しますが、テコンドーでは重心位置は正弦波を描くように上下させます。さらに、型の動作のリズムも違いますし、蹴りのフォームも違います。

 部員数は14名ほどでそのうち4,5人が黒帯で他は白帯でした。女子部員が思ったよりも多かったです。某大学のテコンドー部もそうですが、最近はこういう部活でも女子が多くなっているようです。

 試割では、正拳、前蹴り、飛んで回し蹴りなどで板を割り、手刀、正拳、頭突きで瓦を割っていました。女子部員も試割をしており、瓦も割っていました。頭突きでは7枚程度の瓦を簡単に割っていました。すばらしい。

 その後は、この高校が誇るダンス部の演技でした。今年、アメリカのダンスの大会で優勝してきたそうです。ダンスのジャンルはチアリーディングのようなものからヒップホップ系のものなどいろいろでした。



 自分の母が非常勤講師としてつとめているので、母の教え子のクラスを回ったりもしました。その教え子の一人がバンドを組んでいて今日の学園祭での演奏を最後に解散すると言うことでした。そのバンドは全員3年生だからだそうです。受験勉強等々ありますからねぇ。

 演奏した曲はGLAYが多かったです。自分が高校生だった当時GALYが好きな同級生がいたことを思い出したりしていました。

 解散ライブということで最後の方では感極まって泣いてしまい、歌えなくなっていたときもありました。今まで一緒に演奏し一体感を味わっていたのを今日で最後だというのはつらいものがありましょう。もらい泣きしそうになります。


 全体的に自分が現役高校生だった頃より賑やかな感じで、より学園祭らしい雰囲気になっていました。科技大の学園祭よりもにぎわっていました。みんな高校生活を楽しんでいる感じが伝わってきてすがすがしい気分になりました。
タグ:日記
posted by ゆうじ at 16:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月12日

郷土愛 このエントリーを含むはてなブックマーク

 「小金井良精の記」に横浜の野沢屋というのが出てきた。そこでアイスクリームを食べたらしい。

 ぐぐると元は呉服屋で今の松坂屋だという。松坂屋の建物は野沢屋当時のものだそうだ。

 横浜は歴史ある建物が多いがそれを意識して見物したりしてこなかった。なんともったいない。灯台もと暗しとはこのことか。

 伊勢佐木長者町、関内近辺にはそういう建物が多い。涼しくなってきたし散策したいものだ。

 こう思うのは先日のテコンドー学生大会の帰りにあった会話からだろう。私が行動をともにした某大学の学生が平塚の七夕祭を勧めてきた。その学生は平塚生まれだからである。自分の生まれた地に愛着を持って、それを人に表現できることに感動した。

 だから私も横浜生まれとして、横浜を案内できるくらいになりたいものだ。
タグ:横浜 歴史 読書
posted by ゆうじ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

いつよくなるのか このエントリーを含むはてなブックマーク

 昨日、体調悪く9時前に帰宅。

 十分な食事の後風呂に入る。

 10時には布団に入るも、実際に寝付くのは11時半は過ぎていたか。


 今日、朝体温を測るも35度4分。体温はよいがだるさ、鼻水はまだある。



 体調の悪さがだらだらと長続きしている。不快である。

 悪くなるなら、なるでどん底まで悪くなってほしい。ごまかせるくらいの悪さが続くのは扱いづらい。
タグ:健康 日記
posted by ゆうじ at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月11日

iPod touch このエントリーを含むはてなブックマーク

 サクサクにインターネットができる端末として欲しい。

 実際、音楽再生以上にインターネット端末として使っている人もいる。

 ネット上のレビューを読むと欲しくてたまらなくなる。
タグ:欲しい IT
posted by ゆうじ at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

精養軒 このエントリーを含むはてなブックマーク

 今、星新一作品集の最終巻である「祖父・小金井良精の記」というのを読んでいる。

 これを読み終われば、星新一作品は一通り読んだことになる。

 小金井良精(Wikipediaの小金井良精の項)とは星新一の祖父であり、長岡生まれで江戸の終わりから明治、大正、昭和を生きた解剖畑の人類学者である。日本人の由来についてを研究していた。

 その本の中によく「精養軒」という料理屋が出てくる。

 どんな店なのかとググったら大変な店だった。まぁ、明治時代から続いているような店だから庶民的じゃないかもと予想はしていた。でも、結婚式その他式典専用に近いものとは。

 本の中では式典以外でも子供を連れて食べに行ったりしているので、もっと普段使いのできる料理屋かと思っていた。そんなに高級でなかったらぜひ行ってみたかった。

 老舗とはこういうものか。

 この本の中では江戸時代の終焉、東大医学部の成り立ち、東京の景色の変化などなど興味深い事柄がたくさん書かれている。この時代の話に興味のある人は読んでみたらいかがでしょうか。
タグ: 料理 明治
posted by ゆうじ at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月10日

昔の記事に このエントリーを含むはてなブックマーク

 Outlookの不明なエラーについての記事に感謝の言葉を頂く。当時の苦労思い出す。
posted by ゆうじ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月09日

57分 このエントリーを含むはてなブックマーク

 今日の1時半くらいに某市立大学にバスが到着し、帰ってきました。自分の運転に比べれば、バスの運ちゃんはなかなか攻める人だった。人の運転はいろいろ考えるところがあるね。特に相手がプロなら。

 こんな夜中に学生を敷地内に入れてくれる学校に感激。やっぱりうちの大学のように門限のある大学は珍しいようだ。

 さて、1時半なのでもちろん電車、バスなどはもうありません。

 テコンドー部員の家に泊まったらいかがですかと誘われましたが、さすがにそこまでお世話になるのも悪いし、家で風呂に入りたかったのもありお断りしました。

 家まではまぁ、45分くらいかなぁと漠然と予測していました。実際はもう少しかかりました。

 ルート的には次のような感じです。
  1. 某市立大学出発
  2. 警察署横を通り某人工海浜方面へ
  3. コンビニにて飲み物を買う
  4. 某住宅地を通る
  5. 某ショッピングセンターを通過
  6. 家に到着
 国道に沿って歩く別のルートもありましたが、そっちだと坂が多いので今回のような平坦なルートを選びました。

 総移動距離は約5.8km、所要時間が57分でした。つまり約6.1km/hでした。

 歩く速さ的には歩きの全速力に対して7,8割くらいでした。

 まぁ、1時間くらいなら全然歩いて苦じゃない距離ですね。

 去年の学生大会後の京都の夜散策に比べれば全然たいした距離じゃない。あのときはざっとこの3倍は歩いていたと思うし。

 家に帰って風呂に入って、荷物を片付けたりした。

 布団に入って寝ようとするも、くしゃみやら鼻水で1時間半くらいは寝られなかった。


 この寝付きの悪さ、どうにかなりませんか。
タグ:徒歩 散歩 日記
posted by ゆうじ at 09:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年10月04日

大学生協というものは このエントリーを含むはてなブックマーク

 うちの大学がしょぼいだけかもしれないが、大学と同じくらいに生協もしょぼい。

 売り場面積は目算で5m×10mくらいの小ささ。

 品揃えは多い順に飲料、お菓子、カップ麺、雑貨、文房具、パン・弁当類、教科書、一般書籍などである。

 店員は明らかに近所のご婦人方によるパートと思われる。

 飲み物などは値札がなかったりする。今日はその罠に引っかかった。

 まぁ、自分が買った商品に当てはまると誤認した値札は厳密にはどの商品にも当てはまらない。なぜなら商品名を間違えていて、値札に書かれている商品は棚にないからである。でも、一番名前が近い商品に値札の値段は適用されるのだろう。

 店員はたいてい客そっちのけで作業に没頭している。カウンター内に店員がいてレジに客が来ているにも関わらず、直ぐにレジに行こうとしないこともある。客が金を出してすぐに清算が出来るようになるまでレジに来ない。

 なんてひどい態度だ。

 でもこんな生協でもないよりはいい。

 うちの大学まだ短大だった頃に先人達が運動をして誘致した生協である。先人の苦労への感謝を体現するには生協を利用するしかないだろう。
posted by ゆうじ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年09月07日

鳥人間の結果 このエントリーを含むはてなブックマーク

 うちの大学の鳥人間部の結果は記録なしだったようです。


 人力プロペラタイムトライアル部門に参加していたようです。この部門は9チームが参加していましたが、記録がついているのが1チームだけなので難易度が高かったのかなと思います。
タグ:大学
posted by ゆうじ at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

楓祭 このエントリーを含むはてなブックマーク

 科技大の学園祭である楓祭は今年もあるようです。


 音楽部やアンサンブル、サンバの練り歩き、DJショー、フリーマーケット、研究室発表などをやるらしい。


 たぶん、行かないので全く関係ない話だ。


 フリーマーケットの参加者募集の貼り紙に「FREEMARKET」と書かれていた。スペルが違う。頭が悪い大学だと思われるじゃないか。実際、たいしてよくもないわけなんだがね。
タグ:大学
posted by ゆうじ at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年08月10日

はてなスター このエントリーを含むはてなブックマーク

 はてなスターを設置してみました。

 記事のタイトルの横にある星マークがそれです。

 はてなスターがなんなのかは公式ページのガイドを見てください。
タグ:はてな
posted by ゆうじ at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

車の安全 このエントリーを含むはてなブックマーク

 最近、中国製の食品がどうとか騒がれていますが、自動車もひどいようです。
「こんなにひどいのは初めて見た」 中国車の安全性は「最悪」=WSJ紙
 リンク先には自動車のクラッシュテスト(壁とかに自動車を追突させる試験)の動画があります。これを見てもらえばわかるとおり、ひどい壊れようです。

 アルミ缶のようにぐしゃりとつぶれています。

 ボンネットがつぶれるのは衝撃吸収のためなので問題ありませんが、人が乗るキャビンまで壊れてしまっています。

 ボディ剛性は乗り比べればわかるのだろうとは思うが、町乗り程度でも違いがわかるものなのでしょうか?限界域まで性能を出さないと違いがわからないようでは普通の試乗では違いがわからなそうです。

 参考としてトヨタのカローラのクラッシュテストの映像(youtube)です。

 いかに日本車が安全かがわかります。

 改めて日本に生まれてよかったと思う。
タグ:自動車 安全
posted by ゆうじ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。