2007年12月30日

手帳 このエントリーを含むはてなブックマーク

 もうすぐ今年が終わると言うことで来年用の手帳とかを買っている人も多いことでしょう。

 私の身近ではスケジュール管理に紙の手帳を使う人が多いです。親をはじめ、航空部の知り合いとかも紙の手帳を使っている人が多いです。電子デバイスを使っている人はいないなぁ。

 自分はどうかというと毎年父がパイロット手帳(ホーブンの商品ページ)を買ってきてくれます。普通の縦長の手帳の3分の2から半分くらいの大きさの小さい方です。これは予定やメモの書ける普通の手帳でもあるし、飛行機関連の情報などが載っています。別冊にはさらに細かい情報があります。詳しくはホーブンのページを見てください。

 しかし、これがなかなか使いこなせない。

 予定はもっぱら携帯のスケジュール帳機能を使っています。まぁ、変更が楽だし、携帯はほぼ常に持ち歩いているからいつでも更新できるからです。しかし、紙だからこそ持つ一覧性や記入の速さ、柔軟性など紙の手帳には携帯のスケジュール帳機能はかなわない点があるので、携帯のスケジュール帳機能に満足しているわけではありません。

 普段、手帳は学校に行くときの鞄には入れてます。しかし、ポケットの中に入れて持ち歩いているわけじゃありません。さらに手帳だけではだめで何かペンを持っていないといけないのが使えてない最重要ポイントの様に思います。

 じゃらじゃらと身につけるのがあまり好きじゃないから、なんとか手帳とそれに書き込むペンがうまく一つにまとまれば普段から使う様になるかもしれないと思います。

 手帳用のペンホルダーは売られていますが、手帳の表紙または裏表紙に付けるタイプです。これでは厚みが増してしまいます。ペンは背表紙側に付けるのがよさそうか。

 手帳ではないですが、メモ帳にペンホルダーを自作する方法を書いているサイトがありました。なるほど使いにくいなら使いやすく改良するのが正しい使い方です。ペンホルダーを紙で作るので簡単そうです。

 これで手帳とペンをくっつけることができます。しかし、パイロット手帳の小さい方を使うので、それに合う長さのペンも見つけなければなりません。手帳の縦より長いのはNGだから長さは10cmくらいで、できればシャープペン、黒ボールペン、赤ボールペンが使い分けられるやつで細めのがあればいいのだけれど。

 そんなわけで文房具店巡りでもしてみようかしらん。



 航空部つながりの人がブログで手帳のことを書いていて、それに触発されて書いたのだけれど、トラックバックを受け付けてないそうで残念なり。
タグ:道具
posted by ゆうじ at 00:08 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75384748
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。