2007年11月21日

老人と海を読んで このエントリーを含むはてなブックマーク

 老人と海対訳版を読み終わりました。

 自分の職業に誇り・自信を持ち、常に最善を尽くすこと、心配してくれる仲間を持っているということは幸せだなと思います。

 自分の起こした結果への悩み、つまり大魚を釣るものの殺してしまったことを考えこんでしまうあたりも重く響きます。最善を尽くした結果が最善だという保証はないという何とも不思議なことですが、今の自分には他人事に思えません。

 自分の状況と比較してしまって最後は涙が出そうになりました。図書館で読んでいたのでがまんしました。

 なかなかに自分のおかれた状況、抱える心情に合っていて、いい時期に読めたと思います。

追記:

 老人は自分の行ったことに対して納得して終わっている。自分も自分が関わったことに対して納得をしてその後の人生を送れる様にしたい。
タグ:読書 人生
posted by ゆうじ at 19:00 | 埼玉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68126505
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。